全国紙でPR|うちわはオリジナルでキメる|抜群の広告力

全国紙でPR

新聞

予算を抑える方法

読売新聞の広告枠は、スペースの広さによって広告を出す費用である出稿料金が違っています。この出稿料ですが、抑える方法が2つあります。まず、いわゆる売れ残った広告枠でしたら通常の読売新聞の広告より安く出稿できるようになっています。希望通りの日に希望する大きさの広告が出せるわけではありませんが、それでも費用に見合った効果は充分に期待できます。次に、読売新聞は朝刊と夕刊が発行されていますが、夕刊の方が出稿料は安くなっています。朝刊の方が高い反響が得られるのは確かですが、主婦やリタイアした年代の方などは夕刊に目を通す機会も多いため、ターゲット層が重なるのでしたら夕刊を狙うことで費用を抑えて広告を出せるのです。

900万部発行の全国紙

インターネットの普及で紙の新聞の発行部数は全体的に減少傾向にありますが、読売新聞はそれでもおよそ900万部発行されている全国紙です。全国版の他に、地方ごとの地方版があり、地域密着型の質の高い情報が魅力の新聞です。このため、特定のエリアに特化した不動産や霊園といった商材でも高い効果が期待できます。幅広い年代、様々な職種やライフスタイルの人が購読していますが、なかでも60代以上の年齢層が多くなっています。女性の購読者も多いです。このため、健康や美容に関する広告も効果を得やすくなっています。新聞広告の大きなメリットのひとつは、ユーザー視点で新聞に掲載されているという安心感です。特に読売新聞は、大手新聞ということでより高い安心感を読者に与えます。