売り上げに直結する広告|うちわはオリジナルでキメる|抜群の広告力

売り上げに直結する広告

POP

ターゲットを絞る

店頭POPは買い手が必ず目にする広告です。そのため、いかに相手にわかりやすく、伝わりやすい店頭POPにすることが重要です。ではどのようなことに意識していけば良いのでしょうか。まず、店頭POPを作成するときは、目的を決めることが大切です。商品をどのような年齢層に使ってもらいたいか。などを決めます。それから、アピールポイントを絞り込むことも重要です。商品の魅力をずらずら書くだけでは意味がありません。ですので、一番伝えたいポイントを全面に書くようにしましょう。その際も書き方にもポイントがあります。ただ書くだけでなく、太文字にしたり、色を変えたり、ラインを引いたりすることがより目立った店頭POPを作ることができるでしょう。

書き方や貼り方

また、さらに目立った店頭POPをつくるためには、イラストやキャラクターを使用することが良いでしょう。また、吹き出しなどもつくるとより可愛く仕上がります。店頭POPは、基本的に手書きで作成することが心がこもっていておすすめです。また、手書きの方が世界で1つしかない店頭POPをつくることができるので、売り場が華やかになります。次に、貼り方や売り場のデザインも大切です。店頭POPは目に付きやすい位置に貼ることが大切です。特にターゲットが子供だった場合は、少し下に付けることがおすすめです。それから、店頭POPにモールなどをつけるとより子供の目に付きやすいでしょう。また、商品の近くに試供品などを並べることもより購買力を引き立てます。